カテゴリー「天文 科学」の記事

2014年4月25日 (金)

地球で一番長生きは

太陽系ができて、そして地球が火の玉から少し冷えて地表に水がたまり始めてから、40億年以上の時が立つ。  宇宙が始まったのが138億年前というのから見れば、太陽系も、何度かの小銀河の衝突から徐々に重い元素ができてからの割合新しい天体ということかもしれない。

さて、この地球に現在生きながらえているものは、実にいろいろとある。 もちろん私たち人間もその一つに過ぎない。 
人間の寿命は、たかだか100年程度、中には長生きする人もいるようだが。  
植物は、数千年も生き続けているものが確認されている。 
現存しないものでは、恐竜は100年以上生き続けたとも言われている。 

しかし、生命の樹を見ていると、恐ろしいことが浮かんでくるのだ。  
太古の昔、生命が誕生し、それがいろいろな形に進化して、微生物から真核多細胞生命体へと突き進んでいくとき、魚が誕生し、恐竜が誕生し、植物が誕生し、鳥が空を飛ぶようになり、人間が現れた。  
この過程の中で、何度も生命の絶滅期があったように思われているが、実際にはすべての生命体が消滅することはなかった。  そう、必ず何かが生き残り、次の時代へとつないでいるのだ。  生命の樹は、すべてが数億年前、いや数十億年前から現在につながっているということを表していることになる。  

ここで突然だが、一個体の寿命ということでなく、連綿と受け継がれているもののことを考えてみよう。 
それは、遺伝子DNA。  一個体は、時間とともに劣化し機能不全を起こし消滅していくが、DNAは、自身が消滅の危機に見舞われないよう、その都度、たった一個の細胞から新しい個体を作り出している。  新しい生命の誕生のことである。 
DNAは、こうして長い年月を次々に新しい個体に乗り継いで、現在までの長い時間を生き続けている。  生命が発生してからの時間のことである。 ひょっとしたら40億年の間? 

もし、DNAに意志があったら、といっても人間とは全く違う形になるのだろうが。 DNAは自らが生き続けるために、いろいろな形に分化し、より環境にあったものが生き残るという方法を選んで、この40億年の間試行錯誤を続け、今日を迎えているのかもしれない。 
DNAの意志といっても、人間には、わかりにくいものである。 人間は生まれてから親に助けられ、長い時間勉強をし、知識を見につけて、人間社会で生きていくようになる。 
例えば、昆虫を見てみよう。 卵から孵って次に何をすべきかは、もう知っている。親に教わったわけではない。 なぜか当り前のこととしてできる。 これはもうDNAにプログラムされているとしか言いようがない。 DNAのプログラムは、DNAが個体の寿命を超えて生き続けるために、自らが作り出した物といえるのではないか。  

生命が発生した時、生命を安定して維持するために生まれたDNAは、自分自身が生き続けるために、世代を超えて生き続ける方法を見つけ、今日まで、進化し、分化し、どのような環境でも生きながらえる道を採ったのではないか。

地球ではDNAが一番長生きで、太古の昔からのいろいろな情報をその中に持ち、またこれからの未来に向かっても、環境に対応できるように変化していくのだろう。 
人間は、その一部にすぎないのかもしれない。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月31日 (金)

宇宙の始まり

宇宙は、ほとんどゼロというほどの小さなところから爆発的な勢いで膨張し、現在の大きさになった。    
ところで、宇宙の始まりのほとんどゼロという大きさのころ、その周囲には、いったい何があったのだろうか。   
全く何も存在しない、本当の真空。 虚無の空間であったのだろうか。   それとも・・・・     
始まりの時。  のちに宇宙を構成する素粒子たちは、自分自身の大きさを保つことができないほどに押し縮められていた。  ただ、その時間は、素粒子自身が時間というものを持たないため、今人間が認識している時間では測りきれないので、初めの時間がどれくらい続いたかはよくわからない。     一つ言えるのは、素粒子が自分の大きさを保てないほどに押し縮められているということは、今、宇宙の中で生きている、人間には想像することすらできないほどの大きな力が加わっていたという可能性が大きい。  そんな大きな力が虚無の空間にあるのだろうか。    
可能性から言うならば、ほとんどゼロの状態の宇宙の始まりには、その周囲にも、同じようにほとんどゼロまで押し縮められた素粒子たちがいたというのが、最も自然に思える。    
素粒子がほとんどゼロになるほどにとてつもなく大きな圧力をかけられたプールの中で、  まるでお湯を沸かしているなべの底にできるあぶくのように、突然発生し。 そして自分が作り出すエネルギーによってどんどん膨張し続け現在の宇宙になったのだろう。    その宇宙の中にいる者には、計り知れないことだと思うが。    
宇宙が膨張を始めて140億年が経過したといわれているが、そしてまた、宇宙の広さは光の速さで、140億年かかるほどに広いというが、太陽系が宇宙のど真ん中にいるというなら、どちらを見ても宇宙の端までの距離は140億年の半分しかないというのが正しいと思う。  が、しかし、すでに観測で130億年よりも古い光を、いや、銀河を見つけたといっている。  そうすると太陽系は宇宙の真ん中ではないということになるのか。   だとしたら、反対側は、光で10億年くらいのところに宇宙の端があることになる。  しかし、全天の星を見ると、そんなに極端に距離の違いがあるとすることに無理がある。      
膨張する宇宙の周囲には、ほとんどゼロまで押し縮められた素粒子が存在するならば、その境界では、光(光子)は境界面に沿ってまがって進行し、光(電磁波すべて)で境界を見ることはできないだろう。   
現在の人間の技術、能力では、宇宙の端を見ることも発見することもない。  宇宙の端を回りめぐってきた、自分自身の過去の姿を宇宙の始まりにあった天体。 と思っているのかもしれない。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

宇宙の始まりそして終わり

宇宙が始まるとき、膨大な数の素粒子たちが自分の大きさを取り戻すために、一気に膨らんだ。そして、その勢いによって大きさを取り戻した素粒子たちは、近くの素粒子同士がくっつきあい原子を構成していく。  
この時に、初期の大爆発を起こす膨大な核エネルギーが放出された。  これにより 宇宙は、一挙に膨張をはじめ  また、次から次へと自分の大きさを取り戻していく素粒子によってこの膨大なエネルギーが連続して発生し続けることになった。まさに、真っ赤に燃えるというよりも眩しすぎて真っ白になっている、火の玉宇宙の始まりである。  
猛烈な勢いで膨張し続ける空間は、やがて初期の核融合による爆発的なエネルギーを使い果たし、徐々に温度が下がっていった。   広がり続ける空間に解き放たれた膨大な素粒子・いや一番最初に起こった核融合現象で生じた、水素原子と その他の素粒子たちは、広がり続ける空間のわずかな揺らぎによって、少しづつ空間内での分布状態が偏っていくことになる。  
素粒子たちの集まり方が多いところでは、やがて原子の密度が高くなりすぎて原子の雲となり、さらに周囲から原子を集めるという循環が起きて、やがて光り輝く星  さらに原子の核融合が一つ上のレベルで進行していくことになった。  こうして一つ上の核融合 水素がヘリウムになっていく過程で、この光輝く星は、周囲に重力のひずみを起こし、さらなる物質の集まりを作っていくことになる。  結果、空間内での物質の偏りがますます進行していくこととなった。  
光り輝く星が誕生したことによって、物質の核融合は時間とともに規模を拡大し、やがて、人間の知っている周期律表にあるような物質を作り出していくことになる。  
そして現在、宇宙が爆発膨張を始めてから、140億年たっていると人間は言っている。  まさに今、宇宙はまだ多くの、いや膨大な数の星が光り輝き、核融合は、人間の寿命からすれば、はるかな未来まで続いていくことになるだろう。   
しかし、すべての物質が核融合の限界まで到達し、 この空間に新しいエネルギーが発生しなくなるとき、宇宙は、漆黒の闇となり、エネルギーを持つものは何も存在しなくなるというそんな時が来るかもしれない。 
この宇宙は、素粒子が集まって原子を作り物質を作り始めた時から、一つの時間、という物差しに従って一つの方向に動き続けることになった。 核融合によって膨大なエネルギーを作り出し続けながら、その空間内にいろいろなものを作り続けながら、もちろんその中には人間も含まれているのだけど。 やがてエネルギーを使い果たし、永遠の存在である素粒子。の塊、重物質だけが取り残される、エネルギーの存在しない空間が残るだけということかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

宇宙  深遠なるもの そして

宇宙は広い。 光でさえも137億年かかって地球に届くのだから。  
この広大な宇宙は、いったい何でできているのだろうか。   
それは、私たち人間が、そしてこの地球上のすべてのものが、何でできているのかということと、同じことなのだろうか。  

宇宙の始まり  

宇宙は、宇宙を構成する最小単位の、素粒子というものが、自分自身の大きさを押し縮められて、無限に無に近い状態から始まったのだろう。  しかしどうやってこんなにコンパクトに素粒子を押し縮めることができるのか・・・
ほとんど無限といえる数の素粒子が、無限に無に近い状態から、まさにタガが外れて、突然自分自身の大きさを取り戻すことができるようになったことから、まさにビッグバン。爆発的な速度で大きくなっていく。  そして 自分自身の本来の大きさを取り戻していったものから、近くにいた素粒子同士がひきつけあい、原始的な原子を作り始めた。 そう、これが一方通行の物事の始まり。 素粒子がくっついて原子が生まれたことで、好き勝手にふるまい続けていた素粒子が元に戻れない道を歩み始めたのだ。  これがまさに、私たちが理解している時間というものに該当する。

  
この時主役となった素粒子たちは、自分の大きさ。つまり縦、横、高さという3次元要素は持っているのに、時間というものは存在しないのだ。  とどのつまり、自分の大きさというものを持ちながら、自分自身は、永久に不滅という存在なのであった。  その永久不滅の存在が、自分の大きさを取り戻していく過程において、くっつきやすい他の素粒子たちとくっつきながら膨張を続け、素粒子自身は永久不滅でありながら、集まってできた原子には時間の経過とともに一方向への変化しか起きないことになる。  

宇宙空間での物質合成  空間全体の揺らぎ そして時間の発生 

素粒子たちは、猛烈な勢いで膨張しいてく間に、手近な素粒子同士がくっつきあって原子を構成していく過程で、広がっていく方向に少しづつ差が出てきてしまった。 全体としては、猛烈な速さで自分の大きさを取り戻すために、広がっているのに、素粒子同士がくっついて塊を作った部分と塊を作れなかった部分が、まさに宇宙の物質の存在として、宇宙空間に物質の存在のむらを作り出してしまった。  そして、原子が存在し、分子が存在するようになると、 構成している素粒子には時間が存在しなかったのに、 分子や原子が次々と形を変えていく過程において、それが変化していく時間というものが発生していった。  つまり時間とは、素粒子が原子となり、分子となり、やがて核融合によってさらに大きな原子・分子となっていくときに、一つの方向として存在するもの。 第4の軸として必要になった。  これによって、宇宙には縦・横・高さ・というものに加えて、一定方向に進む時間という軸が存在することになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

天気がおかしい

ここ数日の天気は異常というよりも作為的な物のような異常さだ  こんな気流を作り出せる源はいったいなんだろう  世界中の農作物に凶作をもたらした異常気象 何かとてつもなく大きな何かの力を感じる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

ゼロ 零 の不思議

数学という言い方をすれば、なんか難しいことのように思えるが、算数というか指で数を数えるといえば、ごく当たり前のこと。   だけど、指で数えるときには、ゼロというものは本来存在しない。  1・2・3・・・・・  ゼロは出てこない。      
けっきょく1より少ない。つまり何もない、ということを0とした。というか昔の人が決めたんだね。
というわけで、何もない時のことをゼロということになったわけ。

人間が考え出した数学というものにおいて、ゼロという概念は、言ってみれば大変な新発明というか、新発見というか。  とにかくゼロがあるからこそ、今の数学が成り立っている。  ゼロがあるからこそ、人間は数学を作り出せたといってもいい。  

現在、人間のやってることのほとんどが数学を応用して行われている。 大都会の機能、そしてそこに住んでいる人たちを支えているコンピュータは、まさに数学の極限の応用だろう。  

ところで、この広い宇宙を見てみると、物質的にゼロのところは、本来存在しない。  もちろんゼロの空間なんてありえない。  ビッグバンから始まったとされている宇宙の始まりでも、純粋に、ゼロから始まったわけではない。  この宇宙には、人間の作りだした、ゼロというものは、実際には存在しないのだろう。  

人間が、概念として得た、ゼロというものを利用した数学によって、人間は文明を築き、科学を進歩させ、この宇宙で起こっている、いろいろなことを知った。   だが、ゼロと数だけで簡単に片付かないいろいろなことがある。  いま人間は、宇宙の本質に迫る、全く違う数学を見いだせることになるかもしれない、問題に取り組み始めている。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

原子力の問題

人間は原子力を自在に使えると思い原子力発電所を世界中にたくさんたくさん作ってしまった
確かに目先の電力ということに関してはたいへん便利なものだろう   
しかし原子力発電所というものは普通の建物とはちょっと種類が違う たとえ老朽化しても建て替えるということはできないのです なぜって 放射性物質が大量にたまっているから
だから 40年という稼働時間が過ぎた後も何百年ものあいだ その土地を他に使うことはできません。

日本ではもうすでに設計限度を過ぎてしまった原子力発電所は存在します。にもかかわらず 稼働を延長するということを行っているというのが現状です
つまり使えなくなった原子力発電所をこれから人間の時間にすればほとんど未来永劫という長い時間にわたってきちんと管理していかなければならないということを実行する意志がないのではないかとしか思えないそんな気がしてなりません

世界中には多くの原子力発電所が存在します 近い将来そのほとんどは設計寿命を過ぎてしまいます そのとき人々は一体どうするんでしょうか ただ単に原子力発電所を放棄すればいいわけではないのです 燃料棒を抜いた原子力発電所をたとえ埋めてしまったとしても周囲に放射性物質が漏れていないか常にチェックし続けなければならない これには当然経費もかかります 一番困るのはその土地が使えないということです 

いま日本では少子高齢化といって 20年どころか30年先の問題を心配しているような法律を一生懸命作ろうとしています しかしそのころには原子力発電所はどうなっているんでしょう 現在あるものはすべて使えなくなっているはずです 

そして過去に原子力発電所があった地域は人の住めない土地となってしまっています   
その時のことを思うと胸が痛みます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

直流低電圧送電の可能性・常温超電導の実現

太陽電池は直流電力、電気をためる電池も直流電圧、ついでに言えば、風力発電は周波数の安定しない交流のため、電力を取り出すときは直流に変換したほうが便利だ。

自然界に存在する静電気、これももちろん直流。 静電気といってもばかにできない。 電気回路に使われているコンデンサーというものは、まさにこの静電気現象なんだから。 

そうそう、あの雷様も強烈な静電気現象だった。 つまりプラスとマイナスの電子の分離が起こると、そこに電流を流すことができる。 つまり電力として利用することができる。 

ちなみに、今当たり前に使っているいろいろな電化製品のほとんどすべてにおいて、電力は直流として利用している。 交流を直流に変換しているんだ。 おまけの話、真空管を使っていた時代でも電子回路の電源は直流電圧です。 

なんか話が長くなってしまいましたが、現在の技術に照らし合わせれば、使う側からすれば、直流での電力供給でも、何も不都合はない。 ということになる。 

じゃ、なぜ電力会社は交流を使うのか。 それは電気を作る発電所と電気を使う機器のある場所とが遠く離れていることが原因でした。 電気を遠くに送るためには導線に電流を流さなければなりません。 導線にも電気抵抗があり、膨大な電力を送るためには、大量の電流を流すことができないのです。 そのため、電圧を送るという形で電気を送ることができる交流を使うことになったのです。 確かに電力とは、電圧と電流の積ですから、高電圧で送れば電流が少なくなるし、交流ならば導線に流れる電流がもっと少なくなるから。  

もし、導線の電気抵抗が無限にゼロに近くなったら、電流をほぼ無限に流せるようになる。 

こうなれば、電圧で電気を送る必要がない。 つまり高電圧での送電が必要なくなるということ。 送電のために巨大な高圧電線鉄塔が要らなくなるということ。 電気を使う、電気を送るということが今までとは全く違ったものになる。 

超電導について、地球上にいると超電導状態を起こすのには、何か特別なことをしなければならないように感じるけど、宇宙のあちこちを見ると当たり前のように超伝導が起きている。 たぶん地球上であまり超伝導が起きないのは、大量の酸素が存在するからなのかもしれない。 酸素がないところで均質なものを作ることができれば周囲温度に影響されない超伝導が可能になるかも。 とにかく、導体の中の電子がエネルギー損失なしで移動できればいいのだから、原子核に対して電子が全く自由に動けさえすればいい、電子が原子核に縛られないで物質中を自由に動くことを想像すると、自由電子があるなしではなく、持っている電子すべてが自由に動き回るなら電子をたくさん持っている原子のほうが一度にたくさんの電子を自在に動かせることになる。 こんな原子が作れれば未来が開けるな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

昆虫っていったい いつから地球にいるんだろう

ふっと思ったんだけど、昆虫は恐竜がたくさん生きていた時代の前から地球にいたんだよね。  じゃあ いったいいつからいるんだろう?  

今でも地球上には、昆虫がたくさんいるんだから、ひょっとして、昆虫が一番長く地球に生き続けているのかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月30日 (金)

宇宙 それは巨大な沸騰水の中の泡

アインシュタインも考えつかなかった宇宙の広さ

ビッグバン理論により、宇宙はある時、突然煮えたぎった「無」の状態から、爆発的に膨らんだ。ということになる

この爆発的に膨らんだ世界は、過去150億年以上にわたり膨らみ続けている。

ちなみに、今、地球のある位置が、宇宙全体の中でどのあたりになるのか。すら、よくわかっていない。 のに、130億光年のかなたから光が届くのを確認できたので、ビッグバンのころの宇宙がわかるかもしれないという。  これはこれで、早くビッグバン直後のころの宇宙・銀河・星というものがわかると面白い。

宇宙は広がり続けているという。

底の深い、ずん胴鍋のそこで沸騰したお湯の泡ができたとき、水面に上がってくるまで、大きくなり続ける。  それは、泡が浮き上がってくるとき、水圧が下がるため、泡が膨らむ。

最近話題のダークマターなるものは、宇宙が膨らみ続ける力のことだとすれば、それはどんどん浮き上がるにつれ、膨らみ続ける泡のように、泡の中ではなく、周りの水圧が下がっていくからという、宇宙の外の力のことかもしれない。  しかし、そうすると、宇宙には必ず果てがあることになる・・・・・

そして水面まで上がってきたら、はじけて消えるという 泡と同じ運命なのか。

泡の中にいるものには、泡の外がどうなっているのか、たぶん永久にわからないことなのかもしれない。  でも泡の終わりまで、たぶんまだ500億年は時間が残っているのだと思う。

今の地球人類にとっては、結局無縁のことかもしれない。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧