« 宇宙の始まりそして終わり | トップページ | 地球で一番長生きは »

2014年1月31日 (金)

宇宙の始まり

宇宙は、ほとんどゼロというほどの小さなところから爆発的な勢いで膨張し、現在の大きさになった。    
ところで、宇宙の始まりのほとんどゼロという大きさのころ、その周囲には、いったい何があったのだろうか。   
全く何も存在しない、本当の真空。 虚無の空間であったのだろうか。   それとも・・・・     
始まりの時。  のちに宇宙を構成する素粒子たちは、自分自身の大きさを保つことができないほどに押し縮められていた。  ただ、その時間は、素粒子自身が時間というものを持たないため、今人間が認識している時間では測りきれないので、初めの時間がどれくらい続いたかはよくわからない。     一つ言えるのは、素粒子が自分の大きさを保てないほどに押し縮められているということは、今、宇宙の中で生きている、人間には想像することすらできないほどの大きな力が加わっていたという可能性が大きい。  そんな大きな力が虚無の空間にあるのだろうか。    
可能性から言うならば、ほとんどゼロの状態の宇宙の始まりには、その周囲にも、同じようにほとんどゼロまで押し縮められた素粒子たちがいたというのが、最も自然に思える。    
素粒子がほとんどゼロになるほどにとてつもなく大きな圧力をかけられたプールの中で、  まるでお湯を沸かしているなべの底にできるあぶくのように、突然発生し。 そして自分が作り出すエネルギーによってどんどん膨張し続け現在の宇宙になったのだろう。    その宇宙の中にいる者には、計り知れないことだと思うが。    
宇宙が膨張を始めて140億年が経過したといわれているが、そしてまた、宇宙の広さは光の速さで、140億年かかるほどに広いというが、太陽系が宇宙のど真ん中にいるというなら、どちらを見ても宇宙の端までの距離は140億年の半分しかないというのが正しいと思う。  が、しかし、すでに観測で130億年よりも古い光を、いや、銀河を見つけたといっている。  そうすると太陽系は宇宙の真ん中ではないということになるのか。   だとしたら、反対側は、光で10億年くらいのところに宇宙の端があることになる。  しかし、全天の星を見ると、そんなに極端に距離の違いがあるとすることに無理がある。      
膨張する宇宙の周囲には、ほとんどゼロまで押し縮められた素粒子が存在するならば、その境界では、光(光子)は境界面に沿ってまがって進行し、光(電磁波すべて)で境界を見ることはできないだろう。   
現在の人間の技術、能力では、宇宙の端を見ることも発見することもない。  宇宙の端を回りめぐってきた、自分自身の過去の姿を宇宙の始まりにあった天体。 と思っているのかもしれない。  

|

« 宇宙の始まりそして終わり | トップページ | 地球で一番長生きは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21887/59042847

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の始まり:

« 宇宙の始まりそして終わり | トップページ | 地球で一番長生きは »