« 宇宙  深遠なるもの そして | トップページ | 宇宙の始まり »

2014年1月30日 (木)

宇宙の始まりそして終わり

宇宙が始まるとき、膨大な数の素粒子たちが自分の大きさを取り戻すために、一気に膨らんだ。そして、その勢いによって大きさを取り戻した素粒子たちは、近くの素粒子同士がくっつきあい原子を構成していく。  
この時に、初期の大爆発を起こす膨大な核エネルギーが放出された。  これにより 宇宙は、一挙に膨張をはじめ  また、次から次へと自分の大きさを取り戻していく素粒子によってこの膨大なエネルギーが連続して発生し続けることになった。まさに、真っ赤に燃えるというよりも眩しすぎて真っ白になっている、火の玉宇宙の始まりである。  
猛烈な勢いで膨張し続ける空間は、やがて初期の核融合による爆発的なエネルギーを使い果たし、徐々に温度が下がっていった。   広がり続ける空間に解き放たれた膨大な素粒子・いや一番最初に起こった核融合現象で生じた、水素原子と その他の素粒子たちは、広がり続ける空間のわずかな揺らぎによって、少しづつ空間内での分布状態が偏っていくことになる。  
素粒子たちの集まり方が多いところでは、やがて原子の密度が高くなりすぎて原子の雲となり、さらに周囲から原子を集めるという循環が起きて、やがて光り輝く星  さらに原子の核融合が一つ上のレベルで進行していくことになった。  こうして一つ上の核融合 水素がヘリウムになっていく過程で、この光輝く星は、周囲に重力のひずみを起こし、さらなる物質の集まりを作っていくことになる。  結果、空間内での物質の偏りがますます進行していくこととなった。  
光り輝く星が誕生したことによって、物質の核融合は時間とともに規模を拡大し、やがて、人間の知っている周期律表にあるような物質を作り出していくことになる。  
そして現在、宇宙が爆発膨張を始めてから、140億年たっていると人間は言っている。  まさに今、宇宙はまだ多くの、いや膨大な数の星が光り輝き、核融合は、人間の寿命からすれば、はるかな未来まで続いていくことになるだろう。   
しかし、すべての物質が核融合の限界まで到達し、 この空間に新しいエネルギーが発生しなくなるとき、宇宙は、漆黒の闇となり、エネルギーを持つものは何も存在しなくなるというそんな時が来るかもしれない。 
この宇宙は、素粒子が集まって原子を作り物質を作り始めた時から、一つの時間、という物差しに従って一つの方向に動き続けることになった。 核融合によって膨大なエネルギーを作り出し続けながら、その空間内にいろいろなものを作り続けながら、もちろんその中には人間も含まれているのだけど。 やがてエネルギーを使い果たし、永遠の存在である素粒子。の塊、重物質だけが取り残される、エネルギーの存在しない空間が残るだけということかもしれない。

|

« 宇宙  深遠なるもの そして | トップページ | 宇宙の始まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21887/59039201

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の始まりそして終わり:

« 宇宙  深遠なるもの そして | トップページ | 宇宙の始まり »