« 日本の原子力利用はどうなっていくのか | トップページ | 日本の進むべき道 自分の心と向き合ってみませんか »

2012年12月13日 (木)

北朝鮮 ミサイル

ロケットを発射する  正確な予告もなしに発射するということは、空の交通安全に大変な脅威であるとともに、宇宙空間でも危険な物体が正確な軌道計算ができない状態で飛んでいるということなのだ。  
こんなことをやってのけるということは、全世界を危険に巻き込むことをいとわない。 そんなことが見え隠れする。  

北朝鮮は、中国・日本・韓国・アメリカの微妙な不協和音を大きくするがごとく、これらの国に圧力をかけるためにやっているということなのか。  
日本に住んでいるものからすれば、ほんとに困ったものだ。  

ちょっと見方を変えてみると、周りの国へ結果として、実力行使をしているような、非常に危ない状態なのかもしれない。  今の指導者は果たして金正日の部下たちをうまく使っていけるのか。  

日本は、戦後67年なんていって もう半世紀以上武力行使という戦争というものを経験していない。  戦後という言い方がもうすでに間違ってきているのか、戦争が始まるまであと何年ということのほうがいいのか。  最近の世界情勢は、いつどこで何が起きるかわからない。 単なる小競り合い(内戦というべきか) のはずだったことが、いつの間にか多くの国を巻き込む事態に発展してしまうことになることがありうる。  ほんとにちょっとした手違いから核ミサイルが飛び交う事態になることすら考えられる。  

最悪の事態になることは何としても避けてもらいたい。  人類がまだこれから発展していくためにも。  

|

« 日本の原子力利用はどうなっていくのか | トップページ | 日本の進むべき道 自分の心と向き合ってみませんか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21887/56308378

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮 ミサイル:

« 日本の原子力利用はどうなっていくのか | トップページ | 日本の進むべき道 自分の心と向き合ってみませんか »