« アクセス集中時のサーバー能力低下について | トップページ | ゼロ 零 の不思議 »

2012年8月14日 (火)

オンカロの未来

今日は久しぶりにオンカロの番組を見た
放射性廃棄物の保管ということはどんなに危険なことか
これから10万年もの間、放射性廃棄物質を安全に保管するということ自体おかしいんじゃないかと。
この先50年間、安全に保管できるかどうかすら、はっきりしないのに 100年、200年、1万年。
そんな長い時間いったい誰がどうやって、この地球上で安全に保管するんでしょうか。  
人間はわずか3000年前のピラミッドのことも秦の始皇帝のことも、実はよくわかっていない。
そんな人間が、これから十万年先のことまで考えて、何かをするなんてこと自体が、本当はやっていけないことではないか。そんな気がする。 
人間の英知が放射性物質の放射線を消去する技術を生み出せない限り、放射性物質は人間が扱うべきものではなかった。未来の人間はそう思うのかもしれない。  

ところで、地下深くの岩盤の中に放射性物質を保管することは本当に安全なことなのだろうか。  確かに地下の岩盤の中には人が住んでいない。 だがそこには地下水が流れバクテリアなどの小さな生命体が存在する可能性はある。  
地球上の環境を守るという考え方からすれば人間以外の生命体にも、もっと目を向けなければならない。
現在の人間の能力では、放射性物質を使うことは現在の地球環境を破壊すること。 そして未来の地球環境を大きく変えてしまうことになるかもしれない。

|

« アクセス集中時のサーバー能力低下について | トップページ | ゼロ 零 の不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オンカロの未来:

« アクセス集中時のサーバー能力低下について | トップページ | ゼロ 零 の不思議 »