« 自転車にとって歩行者は邪魔者なのか | トップページ | 今 流行りの屋根の上の太陽電池パネル »

2011年8月 4日 (木)

妄想の世界 その2

猛烈な勢いで動き始めた太平洋プレートに押し切られるように、押し戻されていたフィリピンプレートが、ユーラシアプレートとの間の境目である中央構造線の断面があまりに複雑なため、ついにずれが止まってしまった。 ということは太平洋プレートとフィリピンプレートの癒着している境が1万年の時を超え一気に崩壊することになる。 

東北で起きたようにプレート境界が一気に断裂することになれば、相模湾から東海・東南海・九州まで一気に崩壊することになり、東北の数倍の地殻変動が起こることになる。  

首相はこのことをすでに知ってしまったのでは。

とにかく太平洋プレートの移動速度は全く遅くなる気配はない。  今日も太平洋は少しずつ縮んでいる。

|

« 自転車にとって歩行者は邪魔者なのか | トップページ | 今 流行りの屋根の上の太陽電池パネル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妄想の世界 その2:

« 自転車にとって歩行者は邪魔者なのか | トップページ | 今 流行りの屋根の上の太陽電池パネル »