« 日本のかじ取りは首相がやるんでしょ | トップページ | 地震からずいぶん時間がたった・・・・・ »

2011年4月28日 (木)

ようやく ニュースになってきた

本来なら地震発生後3日以内に行動を起こさなければならなかったのに・・・・・    

ようやくニュースでも真剣に取り上げられてきたのだれけど・・・・   

日本の持っている最高の技術修練を、急速に回復しないと世界中が日本の部品を使わない方向へ向かって行ってしまう。  これは日本の特許技術が海外へ漏洩することに他ならない。  福島原発の問題と並行して進めていかなければならないことなのに、政府は、民間が勝手にやればいい…政府は何も関わりたくない=そんな金はないよ!! って言いたいのかな 

国というものは、国家存亡の危機の時、国民の前に立ち、国民の財産と権利を守るために働く、そういうものではないのだろうか。

以前から言っているように、地震発生直後から現地の状況を正確に把握していれば、その時点で緊急災害援助国債30兆円の発行と被災民を一時西日本地区の宿泊施設へ移動し、瓦礫の山となった町の大掃除を国の権限にて実行し、危険物の排除・がれきの中に残る貴重品・個人の重要な記録物の拾い上げ・等々を自衛隊に一気に進めさせていれば、今頃は原発周辺以外は、復興に向かっていたと思う。  まさに、日本の奇跡が起きたことだろう。  

この40日は、ただ無駄に過ぎてしまった時間のような気がしてならない。  

官邸では、何を馬鹿な!と思える、とにかく増税を決めてから復旧の方法を考えるという、国の存亡を思う人から見れば、考えられないことを実行しようとしている人たちがいる。  

とにかく財源確保なんて緊急時考えている場合ではないと思うけど。

この災害は、自然という最大の敵からとてつもなく大きな攻撃を受けたようなものだ。  

国というものは、このような時、支払いは臨時の国債で行うということで、どんどん必要なことを進めていき、国民を守ることに専念すべきではないかと思うのだけど。  

|

« 日本のかじ取りは首相がやるんでしょ | トップページ | 地震からずいぶん時間がたった・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやく ニュースになってきた:

« 日本のかじ取りは首相がやるんでしょ | トップページ | 地震からずいぶん時間がたった・・・・・ »