« 東日本の電力 | トップページ | 物資輸送 通信確保 »

2011年3月15日 (火)

原子炉は・・・・

予測通り福島原子力発電所は、すべて壊れてしまった。 ここで発電していた電力は事実上東京の機能を支えていたもので、代わりの発電所を作るとしても3年はかかるのだから、何をどう考えても関東地区の機能は、これから数年はどうしようもない状態が続くことになる。 首都機能、会社の本社機能を別の地区に移転することが必要だろう。 このことも含みおいて、行政府及びその責任者、管首相は日本国民の安全と国の資産、経済力を維持し続けられるように大胆な決定を進めていくべきだと思う。  ところで原子炉は・・・・今日できる最高のことなんていうもんじゃなく、今まで誰もやったことのない思い切ったことをやっていかないと、せっかく復興に向けて努力ている、道路整備、港湾整備の意味がなくなってしまうことになりかねない。

|

« 東日本の電力 | トップページ | 物資輸送 通信確保 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原子炉は・・・・:

« 東日本の電力 | トップページ | 物資輸送 通信確保 »