« 雨が降ってないのに路面は濡れている | トップページ | 原子炉は・・・・ »

2011年3月14日 (月)

東日本の電力

原子炉の問題はとりあえず置いといて  東日本の電力は以前からほんとに綱渡りをしていたのだということがわかってしまった   この現状を見ると、まるで東京直撃の災害が起きたのと変わらない状態になりつつある。 東京都内には日本と全世界の通信網が通っている。これには当然かなりの電力を必要とするためネットワークをどうやって維持するのか電力配線がどうつながっているのか正確に理解しておかないと日本中の、そして世界とのいろいろなネットワークが突然途絶えるというとんでもないことが起きることになる。 もしこの上もう一撃の地震が発生したら日本中の通信回線が途絶えることになるかもしれない。 身近なところで銀行ATMが止まったらどうするのかな  あんまり悪い事態のことは考えないほうがいいのか

|

« 雨が降ってないのに路面は濡れている | トップページ | 原子炉は・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本の電力:

« 雨が降ってないのに路面は濡れている | トップページ | 原子炉は・・・・ »